街角法律相談所 口コミ

MENU

自己破産とは

「借金の賢い返し方」を考えてきたのですが、「返さない=破産して、免責を受ける」ということに、段々抵抗がなくなってきている人が、増えているようです。

 

「自己破産」にはメリットもあります。自己破産をした事実は、戸籍や住民票に記載されることはありません。
職場に通知されることもありません。また、裁判所が「破産手続開始決定」をし、債務者が「破産者」となった後に、何らかの収入があった場合には、原則として自由に使えることとなります。

 

自己破産のデメリットは「破産者名簿に載る」ということです。官報に掲載されるとともに、市町村役場の破産者名簿にも、掲載されます。

 

しかし、破産者というのは年間に20万人を超える勢いで、増えています。
そのため、あなたの名前が官報に掲載された場合でも、全くの偶然に、他人に発見されるという可能性は低いでしょう。

 

また、市町村役場の破産者名簿は、他人がみるものではなく、弁護士、公認会計士などが登録をする場合に「自分が破産者ではないこと=破産者名簿に載っていないこと」の証明書を、市役所から発行してもらう、といった場合に利用されるものです。

 

そのため、必要以上に恐れることもないでしょう。自己破産をして免責を受けた場合、審査の甘いローンも含めて、ほとんどのローンを利用できなくなります。

 

また、クレジットカードの作成ができなくなります。これは「ブラックリスト」に登録されるためです。