街角法律相談所 口コミ

MENU

特定調停とは

特定調停は、簡易裁判所の調停委員が関与する、という方法です。
債権者、債務者の歩み寄りを目指して、返済状況の分析、返済計画の見直しなどが行われます。

 

特定調停とは、通常の民事調停の特則として設けられた制度です。特定調停は、任意整理に比べて時間がかかります。

 

また特定調停で決まったとおりの支払いができなくなると、給与の差押が行われる場合もあります。
しかし、特定調停にもメリットがあります。

 

申立費用が安いということです。また、取引履歴を教えてくれない業者があれば、簡易裁判所で強制的に、取引履歴を明かにさせる、ということができます。

 

弁護士さんに依頼した場合でも、貸金業者にとって不利となるような取引履歴を、なかなか開示してもらえない場合があります。

 

弁護士さんに依頼しないで、独力で任意整理を行っている場合には、なおさら取引履歴の開示がしてもらえない、という場合があります。

 

特定調停と任意整理の共通点は「第三者に介入してもらう」ということです。

 

しかし、任意整理よりも特定調停のほうが、「自ら裁判所に出向いて、交渉を行う」ということになります。

 

そのため、現在の仕事を休まなければならないことにもなり、自分を取り巻く環境を考えて、特定調停を選ぶか、任意整理を選ぶか、考えたほうがいいといえるでしょう。