街角法律相談所 口コミ

MENU

任意整理とは

借金の賢い返し方は、まだ借金を返済「できている」間、あるいはまだ借金をしていない間に、様々な知識を得ておくことから始まります。

 

さて、プロの弁護士さんが「任意整理」に力を貸してくれることが多いのです。
任意整理を行うほうが良いかの目安は、あまり高額な借金ではないということ、たとえば年収の1.5倍程度の金額を目安として、それ以内ならば任意整理を行うほうがよい、と判断されることが多いでしょう。

 

弁護士事務所の中には、任意整理、債務整理を行うということを、得意としている事務所があります。

 

弁護士さんが債権者(=お金を貸してくれる会社)と交渉をするようになると、債務者には、直接取り立てがくることが、なくなります。

 

自分で任意整理を行うこともできますが、弁護士さんに任意整理をお願いして「受任通知」というものが債権者に送られ、取りたてが止むことになります。

 

厳しい取りたてに苦しんでいた債務者にとって、このことが、非常に精神的に落ちつくこととなります。

 

この結果、新しい返済計画が立てられ、それに基づいて借金を返していくことになります。

 

自分で任意整理を行うことは、弁護士費用を抑えることができる、というメリットもありますが、債務者は借金のために冷静さを欠いている状況ですので、弁護士さんにお願いするほうが良いでしょう。