街角法律相談所 口コミ

MENU

過払い金とは

過払い金とは、「支払いすぎたグレーゾーン金利のほうが、借金の残元金より多くなっている場合」に、その「差額部分」を過払い金として、返してもらえるというものです。

 

利息制限法の制限を越えているグレーゾーン金利は、支払わなくてよく、過払い金を返して欲しいと請求をしたら、貸金業者としては、返さざるを得ません。

 

それでもグレーゾーンの金利を設定している業者が、儲けを出しているのは「それでも借りたい」という人が、いるからです。

 

借りる側には、様々な事情があるでしょう。
自由業者であって銀行ローンが利用できにくいとか、人に言えないようなお金を、急いで作らなければいけない事情がある、といった場合です。

 

そのような場合には、高い金利に目をつぶってでも、お金を借りようとしてしまう場合もあります。

 

また、一度借金をしてしまった場合に、「今後、もう二度と借りない」と決心をした瞬間があれば、高い利息を払うことをやめ、利息制限法に引きなおした金利しか払わない、と宣言してしまうことができます。

 

過払い金は、借金を長く(およそ10年以上)返済し続けている人には、生じている可能性があります。

 

借金の残元金が50万円を切っている場合で、これまで滞りなく返済を行ってきた人は、一度、過払い金の有無をチェックしてみると良いでしょう。