街角法律相談所 口コミ

MENU

グレーゾーン金利とは

借金をすると、利息をつけて返すことになります。
しかし、利息というのは「返す」ものではなく、「支払う」ものだということを、まず認識しましょう。

 

借りたお金は、返すのは当然です。しかし、利息というのは「払わなくて良い」場合があります。

 

お金を返すのは当然のことですし、借金をする契約を結ぶとき、この「利息」のことも承知で、借金をしたのだから「返さなければいけない」と思い込んでいる人も多いようです。

 

もちろん、契約というのは非常に大事な問題ですが、「契約内容が、法律に違反している場合」には、そのような契約は無効となります。

 

利息は「利息制限法」というものによって、「利息を貸付け額の何%以内にしなければならない」という定めがあるのです。

 

この法律に違反したからといって、貸金業者が刑事罰を受けるわけではないのですが、民事上は違法となります。

 

さらに「出資法」というものがあります。出資法に違反すれば刑事罰を受けます。

 

出資法では「29.2%」を超える利息を設定した場合には、刑事罰の対象となります。

 

利息制限法と出資法の利息制限の間の部分に、金利を設定している貸金業者が非常に多く、この金利のことを「グレーゾーン金利」と表現します。

 

利息制限法の制限を越えていても、出資法の制限を越えなければ、刑事罰を受けるわけではないのです。そのため「グレー」という言葉が使われています。